「ずいぶん日も経ったし、自然に当事者の方々と話せたらいいなと。杉田さんは発信力があるし党内でも力になってもらいたい」。自民党がこの後半国会で提出を目指しているのが、LGBTなど性的少数者の方たちの理解の増進を目指す法案だ。法案作成の最終段階で稲田朋美・元政調会長が"生産性がない"で批判を呼んだ杉田水脈議員とともに向かったのが、新宿2丁目のバーで開催された、LGBT当事者との意見交換会だった。レズビアン