【AFP=時事】スリランカで21日に起きた連続爆発事件の主犯格とみられていた男が、最大都市コロンボ(Colombo)のホテルの爆発で死亡していたことが分かった。マイトリパラ・シリセナ(Maithripala Sirisena)大統領が26日、記者会見で明らかにした。この男は、スリランカのイスラム過激派組織「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」の指導者、ザフラン・ハシム(Zahran Hashim)容疑者。事件後にイスラム過激派組織「イス