米首都ワシントンの「無原罪の御宿りの聖母教会」で、パイプオルガンを背にしたオルガン奏者のヨハン・ベクソー氏(2019年4月25日撮影)。(c)  MANDEL NGAN / AFPAFPBB News

ノートルダム大聖堂の壮麗なパイプオルガン 火災被害を免れ無事

ざっくり言うと

  • 火災に見舞われたフランスのノートルダム大聖堂の壮麗なパイプオルガン
  • 燃え盛る炎の被害を免れていたことが25日、分かった
  • 粉じんを除去する必要はあるが、分解修理はしなくてよさそうだという

ランキング