[タパチュラ25日ロイター] - 地元当局によると、25日晩にメキシコ南部タパチュラの収容センターから約1300人の移民が逃走した。移民局によると、半数以上が戻ったが約600人は依然として所在不明。逃走を主導したとみられるのは、収容センターで大半を占めるキューバからの移民。現地紙レフォルマによると、ハイチや中米各地からの移民も含まれていた。収容センターは各地から到着した人々であふれ、今回の一件で