現在、日本国内では深刻な人材不足に陥っており、機械化が難しい作業内容の多い食品工場においては特に深刻な問題となっている。特に千切りキャベツに代表される細かい素材の場合、定量ピッキングには熟練の技が必要とされており、人手不足の中で、ロボットによる代替が望まれている。そこで今回「ロボットシステムの設計専門会社」であるロボコム株式会社は、AI技術を持つ東京大学松尾研究室(松尾研)と相互の技術を統合し、最適な