「えーっと、はじめまして。本日配属された佐藤と申します。大学では学生団体の副代表として100人規模のイベントを開いていました。経験を活かして、1日でも早く戦力になれるように頑張ります。趣味は、映画鑑賞ですかね、はい。よろしくお願いします」いま、編集部注目の作家――退屈だ。そして鼻につく。あなたは、このような“最弱”の自己紹介をしてしまっていないだろうか。日本では自己紹介の仕方を習う機会がほとんどなく、