「小さなことにこだわらないで。人生をもっと楽しんで!」35歳の若さで亡くなったカナダ人女性のメッセージがSNSで拡散している。女性は2017年にがんで余命2年と宣告されたが、治癒の望みが薄い治療を避け、自分がやりたいことを次々と叶えた後に息を引き取った。『Today』『Fox News』などが伝えている。「1984年1月23日〜2019年4月5日。35年の人生って、決して長いとは言えないかもしれないけど、本当に最高だったわ!」これは今