【AFP=時事】米国際開発局(USAID)は20日、ベトナムの枯れ葉剤貯蔵施設跡で1億8300万ドル(約205億円)規模の浄化作業を開始した。作業の完了までには10年かかるという。枯れ葉剤はベトナム戦争(Vietnam War)で使用されたものだが、数十年がたった今なお、枯れ葉剤が原因とされる深刻な先天性欠損やがん、障害を抱える人が大勢いる。浄化作業が始まったのは、ベトナム南部ホーチミン(Ho Chi Minh)郊外にあるビエンホア(