10月に、消費税率が10%に引き上げられる。当初は2015年10月に税率を10%に引き上げる予定であったが、2017年4月に延期することを、2014年11月に決めている。次いで、2016年6月には、2019年10月までの延期を表明している。いずれも当時の景気判断が根底にある。菅官房長官は「リーマン・ショック級のことが無いかぎり」予定通り税率アップを実行すると述べているが、景気が減速する可能性は捨てきれない。今行われている統一