日本の教育現場がブラック化?教員の志願者が減り続けている惨状まぐまぐニュース

日本の教育現場がブラック化?教員の志願者が減り続けている惨状

ざっくり言うと

  • 2019年度の公立学校・教員採用試験の倍率は4.0倍で、6年連続で低下している
  • 倍率が下がると質が担保できなくなるため、危機的状況といえると専門家
  • 超過重労働による教育現場のブラック化が、一番大きな理由だと指摘した

ランキング