10連休明けの5月7日は引き落としが集中?遅延損害金が発生する恐れもBLOGOS

10連休明けの5月7日は引き落としが集中?遅延損害金が発生する恐れも

ざっくり言うと

  • 10連休前後の銀行窓口・ATM利用の注意点を筆者がまとめている
  • 月末の引き落とし日が休日で、連休明けの5月7日にずれる場合が多いという
  • 連休中の散財で残高不足になると、遅延損害金が発生する可能性もあるとした

ランキング