遮断機が下りた踏切に、人が取り残された――。こんな現場に居合わせた男性が、高齢の女性を間一髪で助ける救出劇があった。男性は映像をネットで共有。「誰にでも起こりうるから気にかけてあげて」と呼びかけている。2月19日午前9時半ごろ、名古屋市守山区の名鉄瀬戸線喜多山駅の西側にある踏切で、警報機が鳴りはじめた。小雨のなか、車で病院へ向かっていた建設コンサルタント会社経営の山田武弘さん(66)は、右側の