狙った遺伝子を改変できる「ゲノム編集技術」で遺伝子を操作した人間の受精卵を子宮に戻すことについて、政府は15日、法規制を検討する方針を明らかにした。政府の生命倫理専門調査会の意見も踏まえ、厚生労働省を中心に検討し、秋ごろ同調査会に報告する。ゲノム編集は、重い遺伝病の治療などに役立つと期待される。一方、現在の技術では狙いと別の遺伝子を改変することがあり、受精卵に臨床応用すれば健康被害が起こりうる