捜査対象者は借りたAVも警察にモロバレ 弁護士「ルールづくり必要」プレジデントオンライン

捜査対象者は借りたAVも警察にモロバレ 弁護士「ルールづくり必要」

ざっくり言うと

  • 警察と検察は、捜査対象者の「Tカード」などの顧客情報を入手できるという
  • 借りたAVなどを調べ、捜査対象者の性癖を捜査するために使われるとのこと
  • 弁護士は個人情報の取り扱いに関し、「ルールづくりは必要だ」と指摘した

ランキング