●睡眠時間と食欲の関連、新たな研究アメリカのミシガン州立大学は、科学誌『フード・クオリティ・アンド・パフォーマンス』に、睡眠と甘いものへの欲求についての研究結果を発表した。この傾向は男女差がないことも報告されている。【こちらも】睡眠時間の短縮が肥満リスクを増加させる、花王らが解明●睡眠が足りていることのメリット一般的に、成人に必要な睡眠時間は7時間から9時間といわれている。それぞれの体力や年齢に