日清食品ホールディングスと東京大学 生産技術研究所は、世界初という「サイコロステーキ状のウシ筋繊維培養」に成功しました。今後見込まれる食料不足の救世主の1つと目される「培養肉」。家畜を飼育するこれまでの食肉産業と違い、地球環境への負荷が低く、厳密な衛生管理が可能といったメリットがあります。動物の細胞から肉を培養する研究は世界各国で行われていますが、そのほとんどが「ミンチ肉」状の培養肉を作成する研究。