ソニーはコメのもみ殻でつくった炭素材料の量産技術を確立した。炭素材料は水中の汚れ(有機分子)、細菌やウイルス、においも取り除くため、水・空気の浄化、衣類、化粧品など幅広い製品に採用できる。もみ殻は世界で年1億トン以上排出されており、未利用資源の有効活用につながる。ソニーは普及させるため炭素材料を製品化する企業を募っている。新しい炭素材料は無数の微小な穴を持つ多孔質構造。穴でにおい物質などを吸着