家賃が「月収3分の1」で生活が詰む?かつてより出費増えリスク上昇プレジデントオンライン

家賃が「月収3分の1」で生活が詰む?かつてより出費増えリスク上昇

ざっくり言うと

  • 家賃は月収の3分の1が相応、と言われていたのは過去の話だと司法書士
  • 携帯料金など、現代は前よりお金がかかる生活スタイルに変化しているという
  • 困窮を避けるため、月収の4分の1以下を目安にした方が安全だと説いている

ランキング