兵庫県を訪れている玉木雄一郎代表は15日、参院予算委員会に辺野古の埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤の改良工事に3年8カ月もかかるとする報告書を今頃になって出してきた防衛省の対応のあり方や、与党が玉城デニー知事の参考人招致を拒否していることなどについて記者団から所感を問われた。玉木代表は、2つの新たな事情が生じているとして(1)辺野古埋立に関する県民投票で反対が多数だったこと(2)軟弱地盤が