男性3人への殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた無職上村隆被告(52)の裁判員裁判で、神戸地裁姫路支部(藤原美弥子裁判長)は15日、求刑通り死刑判決を言い渡した。検察側が「主犯」とみる別の被告は過去最長の裁判員裁判(207日)の結果、一部無罪とされて無期懲役の判決を受けており、「共犯」とされた上村被告の方が重い量刑となった。弁護側は即日控訴した。判決によると、上村被告は元パチンコ店経営・中村春