皆さんは「再生利用実証事業」というものをご存知だろうか?あまり耳慣れないこの事業は、環境省が今福島で進めている事業だ。除染作業で集めた土は、本来であれば福島県内の中間貯蔵施設で保管された後、30年以内に県外の最終処分場で処分されることになっている。最終処分は普通であればトレンチ、すなわち地中に溝を掘ってコンクリートなどで障壁を作り、そこに監視しながら保管することになる。現在までに集められた汚染土は