使い方によっては悪影響があるインターネット。特にSNSは、特定・不特定に関わらず他人を意識せざるを得ません。 だから、イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。ひとりの時間を創るためです。 子どもたちは15分〜30分間で、考える時間を設けることを推奨されます。変化も現れ始めていて、精神的ストレスが軽減されている様子。特別なことをしなくても、周り