長時間労働の男性は、急性心筋梗塞(こうそく)になるリスクが高まるという研究結果を、大阪大や国立がん研究センターなどの研究チームがまとめた。1日11時間以上働くグループは、基準とした7〜9時間のグループと比べて、リスクが1・6倍と高かった。女性については調べていない。チームは1993年以降の約20年間、茨城、新潟、高知、長崎、沖縄5県の40〜59歳の男性約1万5千人を追跡。調査開始時と10年後の