【AFP=時事】ローマ法王庁(バチカン)で21日、カトリック教会で相次いで発覚している児童性的虐待の対策について協議する会議が開かれ、フランシスコ法王(Pope Francis、82)は、世界が求めているのは小児性愛の問題に取り組んでいくための「具体的措置」だと訴えた。会議には世界各地から司教が出席し、聖職者による児童虐待をめぐる教会の対応を、3日半にわたって話し合う。この種の会議が開催されるのは今回が初めて。法