厚労省の毎月勤労統計不正問題を、この間私は国会で取り上げ続けているわけですが、この件に関しては、情報の開示に関する厚労省の極めて後ろ向きな姿勢が目に余ります。一言で言うと、とにかく「隠そう」という感じ。例えば実質賃金。厚労省はいまだに「賃金変化率」を表すのに重視すべきとされている「共通事業所系列」の実質賃金を発表していません。「検討しています」の一言で隠し通そうということか。また、もっと単純なこと