江戸から京都までを最短3日で走破 幕府御用達の継飛脚に驚きJapaaan

江戸から京都までを最短3日で走破 幕府御用達の継飛脚に驚き

ざっくり言うと

  • 江戸時代、「飛脚」の中でも最速を誇ったのが幕府公用の「継飛脚」だ
  • 幕府要人の超重要公文書を運ぶため、各宿場に配置されてリレー形式で奔走
  • 江戸から京都まで500km近くある距離を最短3日で走破するほどだったという

ランキング