11日午前0時10分ごろ、秋田県由利本荘市三条の国道107号で、県央部の14歳未満の少年が運転していた乗用車が、その車を追跡していた由利本荘署のパトカーに衝突し、少年が胸部にけがを負った。パトカーを運転していた同署の30代の男性巡査長と同乗の30代の男性巡査部長にけがはなかった。署によると、10日午後11時半ごろ、少年の父親から「自宅の車とキーがなく、息子もいない」と110番通報があった。署の