地上の明かりが消えた2011年3月11日夜、恐怖や不安の中、満天の星を見上げた人たちがいた。あの星空への思いを集めた仙台市天文台のプラネタリウム特別番組「星よりも、遠くへ」が、今年3月から各地のプラネタリウムで投映される。がれきに囲まれて、避難した校舎の屋上で、家族を待つ家で。あの日見た星空を強烈に記憶する人は少なくない。仙台市天文台では証言を集め、東日本大震災の当日の夜空を再現する番組「星空