幹部自衛官の養成機関である防衛大学校(神奈川県横須賀市)で上級生にいじめや暴行などを受け休学に追い込まれた元防大生が、加害学生8人に合計約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、福岡地裁でありました。足立正佳裁判長は加害学生7人について違法行為を認め、計95万円の支払いを命じました。元防大生は入学後に、上級生らから体毛に火をつけられたり、暴行を受けたりしました。無料通話アプリ「ライン」