2020年の米大統領選に出馬を表明した民主党候補の一人、アンドリュー・ヤン。米国の雇用における自動化の悪影響を緩和するためには、「自由の分配(Freedom Dividend)」政策こそが最良の方法だと掲げるヤン。今回、ローリングストーン誌のロングインタビューに応じてくれた。44歳のヤンは、全国民に対する最低所得保障制度(ユニバーサル・ベーシック・インカム)を導入し、技術革命により苦しむ米国民を守りたいと考えている。市