中国北京で開かれていた米中次官レベル通商協議は9日、終了した。中国による農産物やエネルギーの輸入拡大、市場開放で進展があったと報じられている。一方、中国当局による国内ハイテク企業への補助金や米企業への強制技術移転では、双方の溝が依然と埋まらなかった。米トランプ政権はまた、対中通商合意に中国の公約履行を含めるよう強く求めている。協議中の8日、中国農業農村部は米の遺伝子組み換え(GM)農産物の輸入を約1年