もしあなたが第2、第3世代(2G、3G)移動通信方式の携帯電話を1日に9時間以上使っているなら、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)が11月に発表した「携帯電話電波の発がん性に関する国家毒性プログラム(NTP)」の最終報告書の内容を気にした方がいい。3000万ドル(約34億円)の費用と10年という期間をかけて行われた研究が示した結果は、私たちをパニック状態に陥らせるものではない。実験用のラットは、私たちの日常生活ではあり