衆院の野党会派「無所属の会」(無会)に属する議員の大半が立憲民主党会派に合流する方向で調整していることが7日わかった。無会は解散する見通し。無会は、同様に旧民進党にルーツを持つ立憲と国民民主党との「つなぎ役」を目指してきただけに、野党の勢力図に影響を与えそうだ。無会の岡田克也代表(元外相)は7日、「(立憲、国民)両党の間に入って、何とかまとめようと1年間努力したが、うまくいかないことが続いた。