衆議院の憲法審査会は、憲法改正の是非を問う国民投票の前に放送できるCMの規制などについて、民放連(=日本民間放送連盟)から10日に意見を聞くことを決めた。憲法審査会は、今の国会の会期末となる10日に閉会の手続きを行う審査会を行った後、幹事懇談会を開き、野党側が求めていた民放連からのヒアリングを行うことを決めた。国民投票法では、投票の14日前から憲法改正の賛否を呼びかけるテレビ・ラジオでのCMが禁止