故・手塚治虫(1928〜1989)の異色作「ばるぼら」を元SMAPの稲垣吾郎(44)主演で実写化、来年公開予定であることが、11月20日、正式に発表された。その席で、クランクアップ時の心境を稲垣はこう語っている。「撮影が終わると、もう“ばるぼら”に会えなくなっちゃうのかと寂しくなるような、そんな気がしました」実は、デイリー新潮では打ち上げの模様を既報している。一風変わった打ち上げだったので、もう一度紹介しよう。