画像は国立天文台WebサイトよりBIGLOBEニュース

ふたご座流星群が極大に 前後の13、14日が最も観察できる見ごろ

ざっくり言うと

  • 三大流星群の1つであるふたご座流星群が14日、極大を迎える
  • この前後の13日と14日の夜が、最も流星を観察できる見ごろ
  • 深夜2時ごろには、流星が真上から降ってくるような光景を楽しめるという

◆国立天文台が公開したふたご座流星群

ランキング