by Soumil Kumar感染したコンピューターのデータを"人質"に取り、身代金を要求してくる「ランサムウェア」はサイバー攻撃による被害の大部分を占めています。そんなランサムウェアの感染が中国で広がっており、身代金をメッセージアプリのWeChat経由で支払わせる被害が続出していると報じられました。首例“微信赎金”病毒,弹二维码索要110元,腾讯火绒发布“真·解密工具”