韓国の李洛淵(イナギョン)首相は5日夜、元徴用工らへの損害賠償を命じた韓国大法院(最高裁)判決を受け、関係省庁会議や日本の政治指導者らとの接触を通じて解決策を模索していると、韓国記者団に明らかにした。李氏によると、11月初め以降、外交や法務などの関係省庁の次官による会議を開いて対応策を協議している。李氏は「事前に点検すべき問題が多い。点検なしに公にすれば問題が複雑になる」と述べ、現時点で詳細は