米CNNは5日、衛星写真の分析をもとにして、北朝鮮が山間部に位置する長距離射程のミサイル基地を拡大させていると伝えた。ミサイル基地や周辺で施設の建設などの活動を活発化させている様子がみられるという。衛星写真を分析したのは、米ミドルベリー国際大学院モントレー校の研究チーム。分析によると、既存のミサイル基地から約11キロ離れた場所に新たな施設の建設が確認できたという。同校のジェフリー・ルイス博士