福岡県は5日、県内の12市町村でふるさと納税の偽サイトが見つかったと明らかにした。4日に同県古賀市から偽サイトが見つかったと連絡を受け、県内60市町村に調査を要請していた。嘉麻市では実際にお金をだまし取られた例が確認されており、各市町村が利用者に注意を促している。県によると、古賀市の他に見つかったのは、飯塚市、筑後市、大川市、豊前市、宗像市、嘉麻市、志免町、新宮町、筑前町、大木町、赤村。本物の