2045年、人工知能(AI)と人間の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎えたら、私たちの仕事や暮らしはどう変わる?ITジャーナリストの林信行さんを迎え、前編では、「シンギュラリティ」議論の中心となるAIについて、とくに私たちに身近な「専用人工知能」にフォーカス。今回は、シンギュラリティの要因やグローバルな動きについて伺いました。AI棋士は人類の対戦相手を必要としていない--前回は、シンギュラリ