【AFP=時事】英国のドミニク・ラーブ(Dominic Raab)欧州連合(EU)離脱担当相が15日、辞任した。テリーザ・メイ(Theresa May)首相にとって大きな打撃となる。ラーブEU離脱担当相はツイッター(Twitter)で「私は提案された合意条件と、マニフェストで国民に誓った公約との折り合いをつけることができない」として、「辞任せざるを得ない」と表明した。ラーブ氏は今年7月から同担当相を務めていた。シャイレッシュ・バラ(