【スポニチ本紙・奥田秀樹通信員が語る新人王投票の裏側】エンゼルス・大谷の二刀流は新人王獲得への3つの「ハンデ」をものともしなかった。第一は日本球界で実績を残した選手に付きまとう「新人扱い」への異論。03年に4点差で受賞を逃した松井秀喜(ヤンキース)は、新人ではないとして3位までに投じない記者が2人いた。そのうちの一人は「もし私が今年、投票権を持っていても大谷には投票しなかった」と言い切る。2