農林水産省は9日、中国・上海から羽田空港に持ち込まれたギョーザから、アフリカ豚コレラウイルスの遺伝子が確認されたと発表した。中国ではアフリカ豚コレラがまん延しており、農水省は水際対策を徹底する方針。10月14日に到着した客が持っていた非加熱の手作りギョーザを遺伝子検査したところ、陽性反応が出た。アフリカ豚コレラウイルスの遺伝子が見つかったのは、同1日に中国から運ばれた豚肉ソーセージに続き、2例