自民党の参院執行部は8日、参院議員の給与にあたる歳費を3年間に限り、1人月額7万円減らす案を、参院自民の会合で初めて示した。参院定数を6増やす改正公職選挙法が7月に成立したことを受けた経費削減策の一環だと説明しているが、一部の議員から異論も出た。参院執行部は会合で、定数増にともない増加する経費は約2億円で、歳費を月7万円削減すれば賄えるとの試算を提示。出席した議員からは「歳費だけではなく、ほか