発達障害の男性、性的マイノリティの苦悩も 埋めがたい理想と現実の差東洋経済オンライン

発達障害の男性、性的マイノリティの苦悩も 埋めがたい理想と現実の差

ざっくり言うと

  • ADHDや性的マイノリティに悩む46歳男性は、「いつか家庭を持ちたい」と話す
  • 理想を語る一方、「医療刑務所で静かに息を引き取りたい」と絶望を訴える
  • 埋めがたい理想と現実のギャップに気づくたび、傷ついてきたのかもしれない

ランキング