1億1千万人が極度の干ばつにさらされ、洪水のリスクが2倍になる――。国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が8日に公表した地球温暖化についての特別報告書は、世界の平均気温が産業革命前より1・5度上昇した場合の世界をこう予測した。温暖化が現状のまま進めば早ければ2030年にも上昇幅は1・5度に達すると指摘している。温暖化対策の国際ルール「パリ協定」は、産業革命以降の気温上昇を2度未満、でき