2018年10月9日、ロシア紙イズベスチヤは、中国軍がこのほどロシアから武器を購入した理由について「弱点である長距離ステルス戦闘機、長距離地対空ミサイルシステムを補うためだ」と伝えた。米華字メディア多維新聞が報じた。中国は今年に入り、ロシアが開発した長距離地対空ミサイルシステム「S400」のほか、戦闘機「SU35」24機を購入した。「SU35」はすでに14機が納入済みで、台湾や中国南部海域をにらみ、広東省湛江地区に配備