エアバスの超長距離型機「A350-900ULR」。シンガポール航空提供(2018年10月9日提供)。(c)Handout / SINGAPORE AIRLINES (SIA) / AFPAFPBB News

飛行時間は約19時間 シンガポールとNYを結ぶ「世界最長の直行便」が再開

ざっくり言うと

  • シンガポール航空は11日、シンガポールとNYを結ぶ運航を5年ぶりに再開した
  • 総距離は1万6700km、飛行時間は約19時間に及ぶ「世界最長の直行便」
  • 使用機体はエアバスの超長距離型機で、同機による就航は世界初となる

ランキング