台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は10日、中華民国誕生のきっかけとなった辛亥(しんがい)革命を記念する「双十節」の式典で演説した。過去にあった、中国に関係修復を呼びかける内容がなくなり、米国や日本との関係の緊密さを強調するものに変わった。台北の総統府前で行われる双十節の演説は、台湾総統が対中関係を含む対外施政方針を訴える機会となってきた。台湾独立志向を持つ民進党の蔡政権が2016年に発足し